• Facebook
  • Instagram
0

メルマガNo.7

2017-09-06 NO 0007

「ABCD分析」

為には響かない・・・・

宣伝や商品、メニュー 様々なサービスがありますね

しかし 思うように響かない?

????

お客様を見る

一人ひとりの希望 不安 悩みに応える

お客様を「ABCD」に分けて考える

A ご来店予定のお客様 B ご来店周期が遅いお客様 C 3ヶ月以上来られていないお客様 D 新しいお客様

Aのお客様

1、ご来店理由は? 2、悩みは無いか? 3、どんな希望があるのか? 4、イベントや今後の予定は? 5、今日はどこへ行くのか?

などなど 様々なご来店理由を考えます

そして 今日何をすれば喜んで頂けるかを準備する

おもてなしも準備が無ければ出来ない

そもそも相手を知らなければおもてなしは出来ない

しっかり 準備をする

Aのお客様には → 「おもてなしの準備」

Bのお客様 来店サイクルが遅い

1、来店できない理由 2、来店しない理由 3、楽しみの提案はしているか? 4、悩みの解決はできているか? 5、メニューの意味は伝わっているか? 6、どうなりたいのかを知っているか?

そうですね

来ない理由がある 来たくなる理由が無い

来れない理由を解決する

例えば 子供がいるから・・・・ →早く出来る時間の提案 →STAFFが子供を見る →親子で来れるメニューを作る →パスカードで回数が来れるようにする

来店しやすい状況を作る事

また お客様の悩みを徹底的に聞きだす事で 悩みの解消や 希望を叶える提案を行う

人は楽しみを見つけた時 やる理由が分かった時に行動を起こす

Bのお客様 →「来たくなる提案 来やすい環境作り」

Cのお客様 分かれた彼女は帰ってこない・・・・

一度離れたお客様は中々帰ってこない

これは皆さん経験積みだと思います

町で会うと下を向かれたりね

残念ですね 寂しいですよね

ここにアプローチは中々難しい

出来る事は

1、なぜ来なくなったか 2、どんな不満があったのか? 3、何をすれば喜んでもらえたのか?

徹底的に考える

Cのお客様には → 「学ぶ」振られない男になるしかない

Dのお客様 新しい出会いを作る

ここは様々な取組みがあると思いますが

楽しい場所 より良き未来が見える場所には人は集まる

これが基本だと思います

Dのお客様 →「自ら動く」 出会いは黙っていても生まれない

集客や紹介については 今後の勉強会で一緒に考えていきましょう

本当はお1人お1人に 時間を掛けて 相手を知る事 おもてなしの準備をする事が大事ですが

先ずは「ABCD」に分けて考えて見る

さぁ 秋がやってきた

秋を楽しんで行きましょう!

REPORT WB.INC 円城寺興志

Categories